初出勤


鳥取の電車は凄いです。
乗った区間はたったの2駅ですが…
それでも所要時間12分です(w

乗客のほとんどが高校生でした。
職場の近所に高校が2校あるからかも知れませんが。

で、帰りのダイヤがまた凄いです。

職場の最寄り駅から自宅最寄り駅へのダイヤ
17時:7分、33分
18時:13分、51分
19時:27分
20時:10分、42分
21時:12分、38分
22時:39分
23時:55分

スカイライナーのダイヤではありません。

1本逃すと『30分待ち』は普通みたいです。
その分、東京の電車ほど混んでませんけどね。
from 鳥取
このエントリーをはてなブックマークに追加

0

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    Comments*2 / Trackbacks*0
    ☆Comments★
    はじめまして。私も富山赴任の時を思い出しました。日本海側の気候(特に冬!)に慣れるのに3年かかりました。雪云々じゃないんだけど、何か違う、湿度???早く慣れて下さい。
    ところで、電車の件、ディーゼルカーではないですか?上空に架線走ってます?扉はボタン式(半自動ドア)では無いですか?
    今から10年以上も前の話ですが、川崎との違いに愕然とすることが多々あったことを懐かしく思い出します。
    ここで地方経験者として、ひとつだけアドバイス!方言に興味持って使うと、皆さんとの距離が一気に縮まりますよ。
    ほら、マギヌンの溶け込む姿勢を思い出して。慣れない日本での生活とご自身の環境をダブらせるのが一番分かりやすいかな?

    2007/09/07 8:08 PM
    アドバイスありがとうございました。
    慣れる前に帰ってくることになりましたが…

    ほんの僅かの時間でしたが、
    ジュニの気持ち、
    マギヌンの気持ち、
    チマルの気持ち、
    の「ほんの一片」を実感しました。

    彼らは(通訳がいるにしても)言葉も分からない異国の地、
    改めて凄いことだなと思いました。

    いい勉強させてもらいました。
    あおい.N
    2007/09/13 3:45 AM
    ☆CommentForm★










    ☆TrackbackURL★
    http://aoi-nishihara.com/trackback/1388
    ☆Trackbacks★
    COUNTER



    BIJO ごよみ