新しいレプリカ、9番を入れるのに躊躇なく
8連勝、しかしまだたったの3分の1が終わっただけ。
この結果に奢らず、目の前の試合に勝利することだけを見据えていけばそれでいい。
連続無失点勝利こそ7でストップしましたが、別に完封したからといっても
勝ち点が余分にもらえる訳でもないですし、90分終わったときに相手より1点だけ
多く得点していればいいだけなんで、全く気にしておりません。

で、今日の試合は一言で表すなら「いつもと逆」って感じでしたね。
スタメン見たときに、監督のゲームプランに
「3トップで早い時間に点を取って、後半1枚を今野とスイッチして中盤を厚くする」
だったと思ったのですが、これがマルクスのゴールで見事に嵌りましたな。
いつもなら前半しのいで、後半に勝負をかけるパターンが多かったのですが、
これは仙台の「後半に強い」という特徴を読み切った采配の妙かなと…

そして、新9番レプリカが手元に届きましたがこれが軽いんですよね、
かといって造りはしっかりしてますし、5年でユニフォームも進化したんですね。
(前買ったレプリカは1999年に買ったモノ、よく5年持ったなと…
 これであちこち行って、喜怒哀楽をともにしてきた宝物ですよ)
俺の人生“No Frontale, No Life...”

J2・第15節
川崎フロンターレ 4−1 ベガルタ仙台
得点:[川]マルクス、ジュニーにょ。、中村、我那覇[仙]財前
旧日記からのimport
このエントリーをはてなブックマークに追加

0

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    Comments*0 / Trackbacks*0
    ☆Comments★
    ☆CommentForm★










    ☆TrackbackURL★
    http://aoi-nishihara.com/trackback/2219
    ☆Trackbacks★
    COUNTER



    BIJO ごよみ