日本サッカー史上最高の戦い
PK戦での決着はいつ見ても残酷すぎる。

駒野選手、あなたは日本代表の誇りです。
胸を張って日本に、磐田に帰って来て下さい。
PKを外したということは、PKを蹴る勇気を持っていた証拠です。
誰も、あなたを責めることはしないでしょうし、
もし、責める不届き者がいたら、
オレはそいつを責める。

駒野△

そして、岡田監督はじめ日本代表の皆さん。
大会前の予想を裏切ってくれて、ありがとうございました。
そして、ごめんなさい。
最後も120分間、1点も失わず、試合に負けることもなく、
次のラウンドに進むチームを決めるだけの「くじ引きのようなもので」
当たりくじが引けなかっただけでしたね。

本当にお疲れさまでした。
これから、2014年のために、
国内組はJリーグで、海外組はそれぞれの国のリーグで、
自身をさらに高めて、2半歩届かなった夢の舞台を見に行きましょう!
これで、代表を引退する選手も、新しく代表候補になる選手にとっての、
分厚い「壁」でいて下さい。

最後は涙が止まらないほど悔しかったけど、
ここまで戦えたことは「日本人」として幸せでした。
オレ、日本人で良かったし、やっぱり一生日本人だなと実感した。


決勝トーナメント1回戦
パラグアイ 0-(5-PK-3)-0 日本

パラグアイ…準々決勝頑張れよ!

フットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

0

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    Comments*0 / Trackbacks*1
    ☆Comments★
    ☆CommentForm★










    ☆TrackbackURL★
    http://aoi-nishihara.com/trackback/2705
    ☆Trackbacks★
    まずは、岡田監督、日本代表の皆さん お疲れ様でした。最後PK戦で、アッシは泣いてしまいましたが、しょうがないですね。これこそまさに時の運かもしれません。ゴールをはずしてし...
    ザ日記
    2010/06/30 11:12 PM
    COUNTER



    BIJO ごよみ