浦和レッズの処分について。
処分は妥当だと思います。

【備忘録】
ホームゲームにおける差別的な内容の横断幕掲出に対し浦和レッズに制裁を決定
1.対象行為
2014年3月8日(土)16:00キックオフ 埼玉スタジアム2002 にて行われた、Jリーグディビジョン1 第2節「浦和レッズvsサガン鳥栖」の試合において、浦和レッズサポーターにより「JAPANESE ONLY」という差別的な内容の横断幕が、ホーム側 ゴール裏席に向かう入場ゲート上コンコースに向けて掲出された。横断幕の掲出は、14:00〜15:00の間から試合終了後まで続いた。

2.制裁内容
(1)譴責(始末書をとり、将来を戒める)
(2)無観客試合の開催(入場者のいない試合を開催させる)
※対象試合:Jリーグディビジョン1第4節 浦和レッズ vs 清水エスパルス
2014年3月23日(日)15:00キックオフ (埼玉スタジアム2002)
一部には「勝ち点剥奪」だの「降格処分」だの聞こえますが、
「サポーターの行為」に対してこの種のペナルティーが課されることは考えられません。
世界基準だと、
八百長や審判買収などのクラブが犯した罪
 →「勝ち点剥奪」「降格処分」等の成績に対してのペナルティー
人種差別言動や暴動などサポーターが犯した罪
 →「中立地開催」「無観客試合」等の観戦に対してのペナルティー
といったところですね。

これ、浦和レッズだけの問題じゃないと思います。
サポーターが「おいた」をやらかしたことが皆無のクラブなんて存在しないでしょ?


倉敷保雄アナ

日本のサッカーはいいですね。

ギスギスしたリーグが世界にはあります。
だけど自分たちのJリーグというものは、
これでいいんじゃないかな
、と思います。

誰もが来て楽しい、ファミリーで来て楽しい、
子供たちと一緒に来られるJリーグ。

もちろん一戦一戦はタフな真剣勝負だと思うし、
そういうところから世界を目指していくというのが
僕らの国のサッカーだと思いますが、
だけど、Jリーグの中で
片方が勝ち、片方が敗れるということがあったとしても、
全力を尽くして戦った後に心を通わせる光景があるスタジアムを、
いつも期待したいと思います。

今シーズンはサポーター間のトラブルも
課題としてあったと思うんですけど、
最後に僕はここのヤマハスタジアムの
幸せなサポーターと選手の交流を見られて良かったと思います。

綺麗事言うつもりは毛頭ないけど、
もう一度サポーターがどうあるべきか考える機会かなと。

女性や子供が普通にスタジアムに来ることができるリーグがどれだけ素晴らしいか、
確かに日本のサッカーって欧州や南米に比べて発展が遅れて模倣から始まったけど、
悪いところを模倣する必要なんて皆無じゃないかな。
移籍した選手が対戦相手の選手としてホーム戻ってきた時に拍手する、
敗戦した試合で選手に拍手やコールで激励する、
スタジアムでお互いのサポーターが仲良く交流していても、
いいじゃない、温くても。
これが「日本サッカーの文化」って世界に誇れば。

オレ、日本のスタジアムにフェンスや緩衝帯とか似合わないと思う。
こんなペナルティー、最初で最後にしようや...

フットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

0

    クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

    Comments*0 / Trackbacks*0
    COUNTER



    BIJO ごよみ